私の人生命に大きな結果を与えたアニメは『ドラゴン桜』だ。「滅茶滅茶とブスこそ、東大へ行け」という広告が注目を浴び、ドラマ化繋がるほど人思いを博したアニメなので、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。俺がこういうアニメと出会ったのはちょうどしている時学生の折でしたが、大人たちが注目していた「東大にどのように入るか」よりもメイン人パブリックやメイン人パブリックを取りまくインストラクターの言葉のそれぞれに胸を打たれたことを覚えています。たとえば「人間ははっきりゴールが見えれば取り付けをし、構成へと着実にすすむ。逆に目当てを持たなければ漂流し、やがて無気力になって出向くんだ」「知らねえってことがすげえこわいって思うようになった」「「学ぶ」ということは「聞き入れる」ということです」などの広告は、している時学生だった自分にも強烈なリアリティーとともに迫ってきました。『ドラゴン桜』を読んで以降、自分にはそういう品物の感覚方ができるようになるだろうか、あるいは自分は受験の後の人生命をどのように生きていこうかということを真剣に考えるようになりました。そんな意味で、『ドラゴン桜』は受験を件にしながら、人生命をどのように生きていくかを感じ取る状況をくれた唯一のアニメだったと思います。これほど私の人生命に結果を与えたアニメはこういう作だけでした。一番、私の人生のターニングポイントとなったアニメなのです。
スレンダーマッチョプラスでシェイプアップしました!