小学校本数学年頃にやっていたアニメ十二世界中記、当時は始めの物悲しい印象で見極めるはことを辞めてしまった作品だ。ただ、ずっと気になっていた作品だったので大人になって見返しましたが、これは昔見て置きたかった!と著しく思いました。塾でのいじめ、人間関係、そういったドロドロしたカタチ特に中心人公のスピリットひとつ、だれにも見せたくないものが鮮明に描かれていて、自分にも当てはまり眼を反らしたくなるゾーンもありました。けど、何より中心人パブリック陽子の調教ペースが少なく、これほどまでに人は変われるのかと見て出向くほどに惹かれて出向く作品だ。
まず一つの好きな状況は、人間不信に陥った陽子が半獣の便利俊に出合い少しずつ変わっていくところで、「ボクが仲間を任せることと、仲間がボクを裏切ることは別ヤバイ!」と自分のスピリットでもいらっしゃる猿に言い放つ状況だ。私のしている時でこういう言葉がとてつもなく響きました。
そして一番好きなのが、風の万里黎明の書で陽子が景キングになったが、監視が世界中を作っている状況、慶世界中にも不穏な傾向が出ているなか、海客人で仙となり虐げられながら暮す鈴と先の芳世界中公主の祥瓊そして陽子のこういう形年齢がおんなじの女性3人の調教を見て出向くのが大好きです。様々な理由で慶世界中を志す鈴と祥瓊、とくに祥瓊が便利俊と出合い一気に己の無知さをわかり、慶国の状況を知った時にキングです陽子のことを考え働く格好が大好きです。結論での「人って事故の賭けをしてしまうわね。憂き目は幸せのことと同じくらい気持ちいいのかもしれない」という祥瓊の言葉もまた忘れられません。人と人との結びつき、そして成長するいのちさ、こういうアニメを昔に理解して見れていれば、している時学徒やハイスクールの日数などもっと人を憧れ上部だけの感謝ではないものが作れていたのだろうと思います。何度も何度も見返してしまうそして激しく作用の受けたアニメだ。全く関係なくなるけど皆さんはアンダーヘアの脱毛はどうしていますか?