僕も沢君も東京育ち。5歳くらいの時は、まだ原っぱはたくさんありましたよね?
 でも小学校を出るころにはビルが建ちはじめて、それまで遊んでいた原っぱから追い出された。その時の喪失感というのはものすごく大きかった。
沢  自然の良さを知っているから、自然がなくなったら大変だと感じられる。
山本  東京は、日本でも最先端のものを具現化してきたところ。でもだからこそ逆に、自然を残していくことについて、新しく何かを発信できると思うんですよね。
沢  最先端の文明も本来は人間を幸せにするためにあったはず。人間と文明が一体であるという価値観を人の心の中に植え付けていかないと、文明の発展と同時に環境破壊が進んでしまう。
山本  子どもたちの時間や自然を大人が奪ってしまった分、子どもたちが自然の中で学ぶ「場」や「時間」を積極的に作っていってあげることも大事です。
沢  自然を取り戻すと同時に、自然を愛する子どもたちの「心」を育てていくことも私たちの課題ですね。民間と国と自治体が協力しておこなう環境教育のネットワークや、子どもたちが自然に触れる教育プログラムを作っていくことなどが、足もとから環境問題に取り組んでいくことだと思います。

 「僕が生徒会副会長に立候補した時、沢君に応援演説してもらった仲なんです」と山本さんが語っているように、二人は40年来の旧友。和やかな雰囲気の語らいは、自然と東京の原風景の思い出話へ。原っぱでのセミ採りや、皇居のお堀でのザリガニ釣り……。自然との触れあいを通して環境の大切さを体験してきたからこそ、環境問題を憂える姿勢も真剣に。大学教授と政治の世界——立場は違えど、東京発の環境への取り組みや環境教育について、熱のこもった対談となった。

山本コウタロー氏Photo山本コウタロー(本名・山本厚太郎) 1948年東京生まれ。ミュージシャン。一橋大学在学中にソルティーシュガーを率い「走れコウタロー」で日本レコード大賞新人賞を受賞。以後、音楽活動とともに、パーソナリティーや司会、講演等に活動の幅を広げながら、地球環境問題や男女共同参画にも積極的に取り組む。白鴎大学教授。主な著書に『ぼくのエコロジーライフ』(労働旬報社)など。