あたいは視力がひどく、眼鏡は反抗を受け取るのでハイスクールを卒業してしばらくしてコンタクトを使用することになりました。
そのことは強靭レンズを使用していましたが、今はディスポーザブル柔和レンズも大普及しており、
私の周りの人間たちもほとんど柔和レンズだ。
私も現時点は強靭コンタクトが主流ですが、時時ワンデーのディスポーザブル柔和を利用しています。
強靭レンズは毎日の加工は修復がめんどくさく、まぶたに屑が入ると苦痛が尋常ではありません。
反面、ワンデーソフトならば加工は総合必要なく、まぶたに屑が入って苦痛に苦しむといったことも
ありません。それに強靭レンズは少しまぶたに当たっただけでも落ちて紛失するリスクもあります。
私も強靭レンズは近年においては1年に1回ぐらいの割合で紛失します。
30年タイミング強靭レンズを着用してきましたが、これまで10回ぐらいは紛失したことでしょう。
苦痛と忘失のリスキー、加工の手数などを考えるとディスポーザブルの柔和が潔癖かなと思ったりもします。
ただディスポーザブルの柔和はコストが増えることです。
両方のレンズの長所と短所を考えると選定に迷うところだ。
そこで出社などで帰りが遅くなり、手狭と想うお日様には手数を取り除くためにディスポーザブルのワンデーを使用しようと思います。
やはり結果、強靭レンズとワンデーの両方を併用して上手に使っていくことになるという対策に達しそうです。
DCC